2018/05/17

登る美ヶ原 焼山沢から王ヶ頭

通常、手ぶらの軽ハイキングで山頂を踏む事ができる美ヶ原ですが、
昨年も大好評でしたルートでこだわった美ヶ原“登山”企画。
青々と苔むした岩の間を白沢が流れ、そのせせらぎの音を聞きながら
美ヶ原(王ヶ頭)山頂を目指します。最高のお天気に恵まれた3日間でした。
P5142309.jpg
ここから美ヶ原山頂&ホテルを目指します。
P5152353.jpg
登山道には植物もたくさん迎えてくれました。
シロバナエンレイソウ
P5152377.jpg
リンドウ
P5152383.jpg
いくつも沢を横切り
今回は2日前ほどの雨で沢の水もたくさんありました。
びっくりサプライズも!!
P5152411.jpg
ずっ~と沢の流れを聴きながら歩きます。
P5152385.jpg
秘境!焼山滝!すすすごいったっき~
と記念撮影。見事でした。
P5152418.jpg
そしてあるかな~??
P5152426.jpg
昨年のよりは少なかったですがヒカリゴケも見れました。
P5152430.jpg
滝を見て、いつの間にか、滝の上にあがり高度をあげていきます。
P5152434.jpg
苔と滝・・・癒やされます。
P5152436.jpg
振り向きびじん(^o^)
P5152443.jpg
そしてゲートを越えて
P5152477.jpg
高原にでてきました。鹿の道がたくさんありました。
P5152490.jpg
ここで一休み
P5152494.jpg
記念撮影です。
P5152501.jpg
ウシが通れないようになってますが
当然、私達は通れますね(笑)
P5152508.jpg
美ヶ原高原にでてきました。
あと少しで最高峰です。
お待ちかねの王ヶ頭ホテルでゆっくり贅沢な時間を過ごしました♪
ほんと心温まるおもてなしでのんびり過ごす事ができました。
P5152510.jpg
そして翌日は展望ルートを歩きます。
P5162594.jpg
美ヶ原喫茶にてティータイム♪
P5162631.jpg
歩いて登ると一気に広がる360度の展望の美ヶ原。
達成感、満足度の高いいいルートでした。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳ガイド:武村美一さん
添乗員:岡本哲也
2018/04/30

奥津温泉と岡山森林公園

最高のお天気の中、広大な岡山森林公園を満喫してきました。
関西からですと日帰りでも行くこともできますが2日間に分けて行くと十分満喫できますね。
今回はイワウチワがすでに終わっていましたが(でも一株見ることはできました\(^o^)/)
他の花もたくさん見ることができてすごくよかったです。
岡山森林公園最高~!!
DSCN3414.jpg
まず入り口からまもなくなんと水芭蕉がいっぱいです。
DSCN3250.jpg
リュウキンカも
DSCN3251.jpg
ネコノメソウも
DSCN3257.jpg
エンゴサクはいっぱい。ミヤマカタバミもずっとありました。
DSCN3261.jpg
ザゼンソウもあちこちに。
DSCN3269.jpg
たくさん撮った中のお気に入りの写真です。
DSCN3292.jpg
ブナ林がほんと最高です。
DSCN3324.jpg
関西で気軽に見れるすごい森です。
DSCN3346.jpg
一株だけでしたが可愛らしいイワウチワ見っけ♪
DSCN3396.jpg
森の色も最高
DSCN3424.jpg
下から見上げるブナ
DSCN3435.jpg
奥津温泉に泊まって2日間行くのはほんといいですね。
岡山森林公園へは花の時期もいいですが紅葉の時期も最高です。
次回は源泉かけ流しの宿に泊まって紅葉の時期に検討中です。

詳しくは馬場ガイドのブログからもどうぞ!
馬場ガイドのブログはこちら!

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳ガイド:馬場康法さん
添乗員:岡本哲也
2018/04/22

中央アルプスの展望 飯島傘山

この時期ならではの景色を堪能!
アルプスの残雪と花も新緑も・・・お天気に恵まれさいこ~の3日間となりました。
やっぱり先に目につくのは残雪のアルプスですね。素晴らしい~!!
2日目は傘山(からかさ)登山、初日と3日目は花や展望をのんびり巡ってきました。
P4211993.jpg
関西では桜もほぼ終わってましたが
武村ガイドから諦めなくても大丈夫だよ~♪という言葉に
少し期待をして・・・初日からすごい花もも。予想以上の花に大満足!
P4191760.jpg
車から降りると花ももだらけ~
P4191805.jpg
上見ても
P4191808.jpg
右見ても
P4191809.jpg
左見ても
P4191810.jpg
振り返っても
P4191813.jpg
感動~
P4191814.jpg
三色♪
P4191827.jpg
お天気にも大感謝です。
P4191831.jpg
あけびの花
P4191835.jpg
そして水仙
P4191838.jpg
水仙ごしに千畳敷
P4191840.jpg
ヒカリゴケ
P4191874.jpg
なんとしだれ桜が満開です。
P4191879.jpg
そして傘山登山・・・急なところもありましたが歩きやすい登山道で
お昼前には山頂到着。中央アルプスが間近に望める素敵な山頂
P4201931.jpg
少し霞んでいましたが南アルプスもずらり
P4201924.jpg
カラマツ、伊那谷、そして南アルプスです。
左から甲斐駒、仙丈、北岳、間ノ岳、塩見岳・・・感動。
P4201940.jpg
北岳
P4211985.jpg
塩見岳
P4211986.jpg
3日目はまたまた素敵な場所へ。
昨日登った傘山が見ながら記念撮影~
武村ガイドのりのり♪
P4211990.jpg
もう一度全員で・・・武村さんが後向き♪
P4211991.jpg
やっぱりこの方がいいですね(笑)
P4211992.jpg
傘山をズーム~(真ん中あたりです)
P4211994.jpg
充実した最高の3日間となりました。
やっぱりこの時期は絶対外せないですね。
しっかり歩いていい時期に花も見たい方におすすめ企画です。
※今日からまた武村ガイドのご案内でさぽ旅で行く信州花めぐりが出発。
お天気でありますように~

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳&花ガイド:武村美一さん
添乗員:岡本哲也
2018/04/20

4月10日 トカラ列島7島と奄美大島を歩く!

4月10日 奄美大島まで飛行機でひとっ飛び!
2時間弱で大阪から奄美大島に到着し 福岡発のお客様と合流していざ 奄美大島 トカラ列島の旅へ!

トカラ列島は鹿児島から沖縄までの間にある列島で、今回はトカラ列島主要7島 口之島 中之島 平島 諏訪之瀬島 悪石島 子宝島 宝島 を船で巡りました。
天候さえ問題無ければゆっくりと7島巡る予定でしたが 最後に海が荒れはじめ(波がジェットコースターのよう!
少し駆け足の行程になりました。

少しですが 写真にて島の旅をご覧ください。

IMG_4912.jpg


IMG_4916.jpg


IMG_4921.jpg


IMG_4943.jpg


P4134205.jpg


IMG_4917-1.jpg



参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!

2018/04/18

小佐渡で花散歩 2便

花の宝庫佐渡島!
小佐渡で花散歩第2便♪
お天気に恵まれて今年も素晴らしい花たちと出会いました。
P4171641.jpg
佐渡島までは飛行機1時10分とジェットフォイル1時間でお昼すぎには島に到着
そしていきなり、鬼太鼓のお祭り♪
P4161448.jpg
ぶらっと手ぶらで花散歩。いきなりカタクリが足元に
P4161471.jpg
エンレイソウの群生
P4161475.jpg
ヒトリシズカも
P4161480.jpg
コシノカンアオイも
P4161485.jpg
シュンランも
P4161490.jpg
と次から次へと出てくる花たちに興奮ですね。
P4161468.jpg
そして佐渡といえば・・・「とき」ちゃんですね。
なんと3日間で幸運にも10羽。
P4171560.jpg
そして水芭蕉の群生~。興奮がおさまらないですね。
P4161510.jpg
キバナノアマナ
P4171584.jpg
広々とした佐渡の国仲平野から大佐渡山脈をバッグに。
P4171568.jpg
ミヤマカタバミ
P4171590.jpg
ウスバサイシン
P4171592.jpg
エゾエンゴサク
P4171587.jpg
ではここからは私の大大大好きな・・・オオミスミソウ(雪割草)をご覧下さい。
P4171599.jpg

P4171609.jpg

P4171615.jpg

P4171621.jpg

P4171614.jpg
道沿いは雪割草だらけ。。。。
P4171627.jpg
紫色のオオミスミソウ
P4171633.jpg
イカリソウ
P4171728.jpg
ナニワズ
P4171724.jpg
まだまだあります。
P4171717.jpg

P4171693.jpg

P4171691.jpg

P4171661.jpg

P4171647.jpg
残雪が終わり雪をかきわけて落ち葉から
春がどんどん顔を出してきてます。
花の好きな方は是非ご参加下さい。気軽にご参加いただけるコースです。
しっかり歩いて花をたくさんご覧になりたい方は来月5月の大佐渡縦走がおすすめです。

伊藤屋さんのスタッフの皆様ありがとうございました。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

ご案内:伊藤屋のご主人・女将さん
添乗員:岡本哲也