2018/05/20

福寿園で頂くフレンチと絞り染め工芸館

四季旅人で京都へ
今や大ブームの「抹茶」、市内の有名茶園のカフェは連日大行列
どこで頂いても美味しいのでわざわざ並ばんでも…と思いますが…
大人の抹茶はフレンチでいただきます
抹茶・てん茶を料理の上に振り掛けたり、
バターに混ぜ込むと香りや旨味がアップします
IMG_2231.jpg

IMG_2240.jpg

IMG_2237.jpg

IMG_2243.jpg
食後に本格的なお茶を頂きました
少人数なので一人分ずつ立ててくださいました
IMG_2248.jpg
絞り染めの専門店でちょっと学習、気の遠くなるような細かい作業と工程
風神雷神+火神水神の「貴重な几帳」も拝見しました
IMG_2265.jpg
伝統文化を継承してくださる方、募集中だそうです

添乗員:徳永恵
2018/05/20

堺名物「アナゴ会席」 と「さかい利晶の杜」を訪ねて

四季旅人で堺へ
「ものの始まりなんでも堺」の商家に生まれた千利休と
同じく老舗和菓子屋に生まれた与謝野晶子
堺を代表する二人の生涯を学んだあとは
堺名物「アナゴ」を会席で食べ尽くします
1526517701958.jpg

1526517660436.jpg

1526517754000.jpg
珍しい刺し身もいただきましたよ
信長ゆかりの寺では樹齢1100年を超す蘇鉄を見て
1526517873172.jpg
大坂屋敷に実在した「御成の茶室」は四世紀ぶりに復元、利休の茶室のなかでも特に後世に影響を与えたらしいです
1526518201019.jpg
アナゴ会席、好評に付きまたご案内差し上げます!

添乗員:阿多口明美


2018/05/17

12ピークをつなぐバリエーションルート 東大山縦走

伯耆大山屈指のロングルート東大山を縦走します。12のピークからなるこのエリアは人がほとんど入らないので野性味に溢れた山域で危険箇所が連続するためフィックスロープを設置し完全確保で通過する場面も。皆様が登山に集中できるよう、山中1泊する無人小屋には宿泊に必要な全ての荷物を別動隊のスタッフが運びます。ブナ林良し花良し景色良し、知られざる大山の一面が見られるとても素晴らしいコースです。早春のしっかり歩き企画ですので夏のアルプス縦走等厳しい登山を目指す方の体力づくりにも適切です。

初日は船上山東坂登山口よりスタート。
P5151184_R.jpg

長い長い大山への縦走の始まりです。
P5151191_R.jpg

大山が誇るブナ原生林
P5151228_R.jpg

バリエーションだけあって倒木あり
P5151221_R.jpg

整備のされていない急登あり
P5151241_R.jpg

それだけに美しい花々も多く
P5151262_R.jpg

P5151258_R.jpg

見える景色に感動もひとしお
P5151272_R.jpg

P5151251_R.jpg

どうですか。高度感あふれる美しい景色でしょ!
P5151275_R.jpg

さて、本日の核心部。甲ヶ山の手前ゴジラの背中です。
P5151279_R.jpg

小林ガイドのフォローのもと、完全確保のフィックスロープを設置
P5151286_R.jpg

安全にハードな岩場を楽しんで頂きます。
P5151296_R.jpg

南斜面の急降下
P5151307_R.jpg

厳しい場所を過ぎて小矢筈ヶ山のピークに立てば更に素晴らしい景色になります。左:烏ヶ山 右:大山
P5151318_R.jpg

大休峠の無人小屋では、皆さんのことを待ちわびていた大山登山ガイドクラブの佐伯勇治さん。
P5151326_R.jpg

お宿 雪花荘の真心こもったお料理を召し上がって頂きます。
まるで山小屋と思えない!
P5151328_R.jpg

翌朝、引き続きピリッとした登山が続きます。
P5161337_R.jpg

P5161361_R.jpg

親指姫ならぬ親指ピーク
P5161363_R.jpg

P5161373_R.jpg

P5161370_R.jpg

P5161377_R.jpg

ダイセンミツバツツジ
P5161352_R.jpg

もうじき振子ケ山ピーク
P5161402_R.jpg

P5161410_R.jpg

P5161417_R.jpg

P5161429_R.jpg

P5161439_R.jpg

そしていよいよメインピークの三鈷峰
P5161451_R.jpg

360度の大展望に息を飲みます
P5161462_R.jpg

ずっと歩いてきた縦走路も一望
P5161463_R.jpg

下山ルートも美しいブナ林と
P5161497_R.jpg

多くの花々に囲まれ
P5161476_R.jpg

P5161504_R.jpg

充実した4日間となりました。
P5171530_R.jpg

体力の要求されるしっかり歩きのコースです。今回ご参加の皆様もたっぷり歩かれ大満足だったようです。
自信を持って今年の夏山メインコースを楽しんで下さい。本当にお疲れ様でした。さあ、2便目の皆様お待ちしております。

ガイド:小林孝二さん 添乗:津森豊 現地サポートスタッフ:大山ガイドクラブ佐伯勇治さん

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/05/17

5月9日 四国歩き遍路の旅 5月

5月9日 いよいよ最終回を迎えた四国歩き遍路の旅

四国八十八ヶ所と別格二十霊場を合わせた四国百八ヶ所
プラス 明石道から高野山奥の院へのお礼参りツアーが完結しました。
全行程 約1200㌔の道のりを10回に分けて一歩ずつ確実に歩んできました。

最後の旅になった今回 写真でご紹介します。


0003_original_20180517140236e0c.jpg


0011_original_201805171402374ec.jpg


0034_original.jpg


0017_original_20180517140239b2d.jpg


0066_original.jpg


0121_original.jpg


今回の歩き遍路の旅は無事満願しましたが、これから四国遍路に挑戦したい!と思われる方、
ぜひ一度お問い合わせください。 お待ちしております。♪



参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!






2018/05/17

登る美ヶ原 焼山沢から王ヶ頭

通常、手ぶらの軽ハイキングで山頂を踏む事ができる美ヶ原ですが、
昨年も大好評でしたルートでこだわった美ヶ原“登山”企画。
青々と苔むした岩の間を白沢が流れ、そのせせらぎの音を聞きながら
美ヶ原(王ヶ頭)山頂を目指します。最高のお天気に恵まれた3日間でした。
P5142309.jpg
ここから美ヶ原山頂&ホテルを目指します。
P5152353.jpg
登山道には植物もたくさん迎えてくれました。
シロバナエンレイソウ
P5152377.jpg
リンドウ
P5152383.jpg
いくつも沢を横切り
今回は2日前ほどの雨で沢の水もたくさんありました。
びっくりサプライズも!!
P5152411.jpg
ずっ~と沢の流れを聴きながら歩きます。
P5152385.jpg
秘境!焼山滝!すすすごいったっき~
と記念撮影。見事でした。
P5152418.jpg
そしてあるかな~??
P5152426.jpg
昨年のよりは少なかったですがヒカリゴケも見れました。
P5152430.jpg
滝を見て、いつの間にか、滝の上にあがり高度をあげていきます。
P5152434.jpg
苔と滝・・・癒やされます。
P5152436.jpg
振り向きびじん(^o^)
P5152443.jpg
そしてゲートを越えて
P5152477.jpg
高原にでてきました。鹿の道がたくさんありました。
P5152490.jpg
ここで一休み
P5152494.jpg
記念撮影です。
P5152501.jpg
ウシが通れないようになってますが
当然、私達は通れますね(笑)
P5152508.jpg
美ヶ原高原にでてきました。
あと少しで最高峰です。
お待ちかねの王ヶ頭ホテルでゆっくり贅沢な時間を過ごしました♪
ほんと心温まるおもてなしでのんびり過ごす事ができました。
P5152510.jpg
そして翌日は展望ルートを歩きます。
P5162594.jpg
美ヶ原喫茶にてティータイム♪
P5162631.jpg
歩いて登ると一気に広がる360度の展望の美ヶ原。
達成感、満足度の高いいいルートでした。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳ガイド:武村美一さん
添乗員:岡本哲也
2018/05/16

おのころ島伝説の地を巡る旅

四季旅人でおのころ島伝説を訪ねて淡路島・沼島へ
日本神話の国生み伝説では最初の島は「おのころ島」と呼ばれ、
これが淡路島なのか沼島なのかは、諸説あるところです
おのころ島神社(淡路島)の大鳥居は高速道路からも望める大きいもの
IMG_2168.jpg
国生み神話のユニークなエピソードをガイドさんから教わります
IMG_2172.jpg
屋根上の千木(ちぎ)、鰹木(かつおぎ)の数・形はここ独特のもの
IMG_2174.jpg
続いて沼島へ、船で10分、のんびりした景色です
IMG_2180.jpg IMG_2181.jpg
まずは腹ごしらえ、海の幸満載の中でもタチウオの唐揚げは絶品でした
IMG_2184.jpg
食後の散策は先に上立神岩へ、「天の御柱」と伝わります
IMG_2191.jpg
真ん中あたりのハート型が最近人気らしいです
IMG_2199.jpg
「おのころ」はこんな字を書きます、山全体が御神体
IMG_2207.jpg
ほとんど階段の参道、最後の一直線を上り詰めて
IMG_2208.jpg
振り替えると木立の奥に港の景色
IMG_2209.jpg
お社は小ぢんまり
IMG_2212.jpg
淡路島へ戻って岩屋港近くの絵島、平清盛も愛でたという月の名所もおのころ島の舞台です
IMG_2229.jpg
2000万年前に形成された岩肌、きれいです
IMG_2221.jpg
ガイドさんの説明によると、おのころ島と呼ばれるところは上空から見ると勾玉(まがたま)の形をしているそうです
一度地図でお確かめください
この日は今年初の真夏日を記録、暑い中の散策お疲れ様でした

添乗員:徳永恵
2018/05/16

5月14日出発 県の天然記念物 ミヤマキリシマ群生 経塚山と七ッ石山・杵築城下町

今回は九州は大分県にある経塚山に登ってきました!!
経塚山の山頂周辺は県の天然記念物にも指定されているミヤマキリシマの自生地だそうで九重山周辺の見頃は6月の初旬ですが、経塚山はそれより半月程早く咲く事でも知られています。やさしい登山道で気軽に自生のミヤマキリシマを鑑賞出来るは魅力です!!
下山後ははものせいろと武家屋敷や石畳の坂道の景色が今も尚残る城下町、杵築の町をぶらり♪

登山口は湧き水で有名だそうで
P5140050.jpg

冷たいお水を登る前に頂きました
P5140049.jpg

歩き出しは緑に囲まれていました
P5140059.jpg

アゲハチョウもいたり♪
P5140079.jpg

少し見晴らしよくなって
P5140064.jpg

雄大な由布岳が顔を見せていました
P5140063.jpg

吉田太陽ガイドさん!
P5140071.jpg

経塚山の前に七つ石山へ
P5140081.jpg

いよいよ経塚山へGO!!!!
P5140085.jpg

あと、もう少しで頂上
P5140086.jpg

事前情報では、もう終わっているとお聞きしていましたがたくさん咲いていました!!
P5140090.jpg

記念にパシャり
P5140094.jpg

続いて、下山後のご褒美ではものせいろ!!
P5140096.jpg

杵築の城下町に来まして、杵築城に到着!
P5140101.jpg

お茶を頂いきました、
P5140105.jpg

杵築の城下町は、城を囲っていなくて城を到着点に縦に伸びていて
商人街を挟むように武家屋敷があるサンドイッチ型だそうです
P5140106.jpg

P5140117.jpg

立派な石段!!
P5140121.jpg

その中に富士山の形をした石があり、撫でると長寿のご利益があるそうな
P5140120.jpg

参加者限定のダウンロードサービスはこちらをクリック
ガイド 吉田太陽さん 添乗員 三木浩嗣 横田和則
2018/05/14

180509大佐渡縦走

佐渡ヶ島、大佐渡山脈縦走へ行ってまいりました。
他の地域では貴重な山野草がこんなに大量見たこと無いというぐらい咲き乱れてました。まさに野草の宝庫とはこの事だなと体で体感致しました。
まだ、佐渡に立ち寄った事が無い方は是非、一度、佐渡ヶ島へ。
一歩、森に足を踏み入れるとお腹がいっぱいになるくらい珍しい花たちに出会えますよ。
花に、トキに、米処ならではの地酒を堪能した 3泊4日の大佐度でした。
P5100076.jpg
P5100078.jpg
P5100085.jpg
P5100090.jpg
P5100092.jpg
P5100107.jpg
P5100108.jpg
P5100118.jpg
P5100122.jpg
P5110137.jpg
P5110158.jpg
P5110162.jpg
P5110181.jpg
P5110182.jpg
P5110187.jpg
P5110189.jpg
P5110200.jpg
P5110212.jpg
P5120257.jpg
P5120262.jpg
P5120294.jpg
参加者限定のダウンロードサービスはこちらを←クリック←
ガイド 小林孝二さん 添乗員 浮田健一
2018/05/13

新緑の大山 鍵掛峠の古道とブナの原生林を楽しむ(貸切)

伯耆大山きっての観光スポット鍵掛峠。伯耆国「大山開山1300年祭」を迎えるにあたり更に脚光を浴びています。実は歴史が古く、中世には美作国から大山詣出の道として利用された古道の通過点であり、今も昔も大山に訪れる人の心を癒やし続けています。しかし、自然道として残る古道の存在を知るのは地元住人と大山寺の歴史を知る関係者だけ。西日本随一のブナ林を気軽に楽しむのには最高のルートです。2日間という限られた時間ですので本当にいい場所だけを厳選してお連れします。今回は山愉快の皆様の貸し切りにて出発致しました。

こちらは奥大山御机の里
P5121007_R.jpg

古道はたいへん歩きやすいキレイな森です
P5121025_R.jpg

沢山の花々に囲まれ
P5121020_R.jpg

P5121016_R.jpg

P5121030_R.jpg

ずっと歩き続けます
P5121063_R.jpg

また春の花が新しく咲き出しました
P5121065_R.jpg

休憩の度に
P5121069_R.jpg

尾根から見渡す景色も代わり
P5121071_R.jpg

ずっと花を愛でながら
P5121080_R.jpg

歩きます
P5121072_R.jpg

鍵掛峠にて大山をバックに
P5121102_R.jpg

再び大山寺に向けて歩みを進めます
P5121106_R.jpg

雪花荘にて美味しいごちそうでカンパイ!
P5121122_R.jpg

翌日は大変な風雨に見舞われ、歴史館めぐりや
P5131127_R.jpg

渓流巡りに加え
P5131132_R.jpg

ブナの森の水工場を見学。
P5131137_R.jpg

想い出に残る大山ゆらりの2日間でした。
P5131169_R.jpg

今回2便出発しましたが、皆様とても喜んでくださいました。どなたでも参加できる歩きやすいコースですので、来年も是非企画したいと思います。沢山のご参加お待ちしております。

ガイド:大山ガイドクラブ 佐伯勇治さん
ガイド&添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/05/12

しまなみ海道サイクリング

沖本ガイドのご案内で人気のしまなみ海道サイクリングへ行ってきました~。
しまなみ海道といえば、日本が世界に誇るサイクリングコース。
青い海、青い空の最高の景色を見ながら
広島県尾道から愛媛県今治の糸山まで70km完走しました。
そして疲れた頃に、休憩のスイーツ付♪最高でした~!!
P5102099.jpg
尾道で自転車を選んでヘルメットをかぶってスタートです。
P5092038.jpg
6つの島と7つの橋を渡ります。まずは1つ目♪
P5092042.jpg
砂浜のある休憩ポイントでのんびり記念撮影。
P5092048.jpg
振り返っていい感じ(^o^)
P5092049.jpg
橋を渡る際は歩行者・自転車専用道を利用します。
P5092065.jpg
お待ちかねのスイーツタイム
しまなみといえばここドルチェですね。
P5092074.jpg
最高なひとときですね。
P5092078.jpg
私のスイーツは豚まん・・・肉汁たっぷりで最高でした。
是非お試しを!
P5092080.jpg
初日は尾道から生口島で終了。
お宿はここ。昔、小学校だったすごく雰囲気のあるいいところでした。
P5092088.jpg
そして翌日スタートです。
P5102126.jpg
途中のバス停ではこんな可愛い光景も。
P5102116.jpg
橋、海、空とどこを見ても最高です。
P5102152.jpg
レモンのいい香りが漂うレモン谷を通って
レモンと一緒に記念撮影です。
P5102135.jpg
お世話になった沖本ガイドも・・・レモンが大好き(笑?)かも~
P5102128.jpg
きれいな海を見ながらサイクリング
P5102162.jpg
次の休憩では塩ソフト
P5102158.jpg
お昼は海鮮バーベキュー・・・なんか食べてばっかり???
ではありませんよ(笑)
P5102172.jpg
最後はしまなみでも一番長~い来島海峡大橋
ちなみに4キロもあるんです。
P5102179.jpg
途中で写真をとったり、途中の馬島へ上陸したりして
この橋を堪能しました。
P5102205.jpg
そして無事到着してかんぱ~い~。
P5102219.jpg
部屋からはこんな素敵な景色。
P5112229.jpg
みどころいっぱいのしまなみ海道ですが
中でもおすすめはここ亀老山展望台。
P5112238.jpg
みんなでちょっとはしゃぎました。
P5112239.jpg
しまなみ!ばんざ~い~!!
バックには石鎚もばっちり見えました。
P5112240.jpg
そして村上水軍博物館見学
P5112264.jpg
潮流体験もおもしろかったです。
P5112290.jpg
憧れのコースをのんびりと自転車で走ってみませんか?
サイクリング企画は自転車に乗れる方なら誰でもご参加いただけます。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

沖本浩一ガイドブログはこちら


ガイド:沖本浩一さん
添乗員:岡本哲也