2018/07/23

高山植物の宝庫 大雪山縦走と十勝岳

雄大な大雪山と迫力ある山容の十勝岳。人気抜群の二座を登ります。花のベストシーズンなので、大雪山は黒岳から旭岳を縦走する予定でしたが、強風の予報のため安全を考慮し、旭岳ロープウェイの往復登山へと変更。それでも頂上付近はすごい風で苦労しましたがなんとか登頂。姿見の池付近の花々はすごかった!翌日の十勝岳も強風で登れないかもと出発しましたが、運良く頂上に上るときだけ行動限界ギリギリの風速で無事に登頂することができました。下山時のご褒美でしょうか・・・視界が一斉に晴れ北海道らしい雄大な景色を目の当たりにしたときは感動いっぱいでした。
P7210770_R.jpg

P7213293_R.jpg

P7213305_R.jpg

P7213309_R.jpg

P7213297_R.jpg

P7213305_R.jpg

P7210782_R.jpg

P7213300_R.jpg

P7210784_R.jpg

P7213319_R.jpg

P7213301_R.jpg

P7210785_R.jpg

P7210787_R.jpg

P7213337_R.jpg

P7223374_R.jpg

P7213348_R.jpg

P7223383_R.jpg

P7223384_R.jpg

P7223391_R.jpg

P7223380_R.jpg

P7223398_R.jpg

P7220824_R.jpg

P7223410_R.jpg

P7223414_R.jpg

P7223424_R.jpg

P7223431_R.jpg

P7220838_R.jpg

P7220846_R.jpg

P7223442_R.jpg
2018/07/21

花とアルプスパノラマ満喫 乗鞍の御来光とコマクサ群落

車で入る事の出来る上高地や乗鞍岳。手ぶらで高山植物やアルプスの展望を楽しめる場所をガイドと共に散策。中でもコマクサの大群落地はお勧めです。予備日を設けて挑みましたが、3日間ガッツリと晴天。御来光や満点の星空を見ることが出来ました。お宿はもちろん毎回好評の沢渡ペンションしるふれいさん。ご参加の皆様のおかげでワイワイ楽しい3日間となりました。

まず初日。上高地でのんびり散策。
バスターミナルまで行かずに人の少ない大正池から歩きます。
P7190185 - コピー
沢渡泊なので、思いっきりのんびりと説明を聞いて歩きました。
P7190193 - コピー
写真もゆっくり撮れるのが嬉しいですね!
P7190220 - コピー
田代池
P7190230.jpg
武村ガイドのウエルカムスウィーツ。地元伊那の「かんてんぱぱ」&フルーツ
P7190176 - コピー
貸切の上高地は最高ですね。
P7190191.jpg

ペンションで食事をとったら暗くなる時間まで待って・・・
P7200267.jpg
星空観察です。やっぱ写真ではこれが限界 笑
14749.jpg
早朝、御来光バスに乗って乗鞍岳へ
P7200269.jpg
日の出を待ちましょう
P7200277.jpg
足元にはコマクサがいっぱい
P7200284.jpg
御来光、今日もお天気良さそうです。
P7200294.jpg

ちょっとコマクサ群生地までミニ登山?
P7200297.jpg
かわいいコマクサ
P7200359.jpg
このひげみたいなの、コマクサの一年生だとか
P7200308.jpg
これが名前の由来になった開く前のウマズラ
P7200364_2018072121312010f.jpg

P7200360.jpg

P7200312_2018072121311333d.jpg

P7200319.jpg

P7200327.jpg
ご参加の皆さん
P7200331.jpg
なんとも素晴らしいお天気です。
P7200340.jpg

P7200402_201807212142092e9.jpg

P7200407.jpg
さぁ朝食タイム
P7200411.jpg
特性にゅうめん!美味すぎ!
P7200414.jpg
なんとも贅沢な時間です。
P7200426.jpg
デザートをつくる武村ガイド
P7200423.jpg
引き続き、お花畑の散策です。
P7200436.jpg

P7200437.jpg

P7200432.jpg

P7200433.jpg

P7200439.jpg
さらに滝巡り
P7200496.jpg

P7200488.jpg

P7200486 - コピー

P7200484 - コピー

P7200479 - コピー

P7200458 - コピー - コピー

P7200499.jpg

P7200478.jpg

P7200466.jpg

P7200464.jpg
そして下山後はお蕎麦を頂きました。
P7200505.jpg
最終日は飛騨の古川を散策しました。
P7210524.jpg

とっても楽しい3日間となりました。
ドライバー &添乗員 堀と近藤 ガイド 武村美一さん

参加者の方限定のダウンロ―ドサービスはこちらからどうぞ

 




2018/07/20

180716道東三山 羅臼、斜里、雌阿寒

雪渓と広い大地の羅臼岳、沢筋を詰めながら山頂を目指す斜里岳、自然林が豊な活火山雌阿寒岳どれも魅力的な道東の三座がある7月16日発道東三山に行ってまいりました。
当日、本州から女満別に降りると爽やかな風に包まれます。ぜひこの時期は北海道へ(笑)翌日の羅臼岳、天気が心配でしたがガスに包まれながら雪渓を少し歩き頂上についたときには快晴、翌々日の斜里岳も曇り模様の中での出発でしたが沢筋を登りきった頃には快晴そして前日登った羅臼岳を眺めます。3日目は硫黄の匂いが漂うきれいな自然林を抜けて活火山らしい道を登りきると噴煙上がるお鉢をの頂上で眼の前には阿寒湖と雄阿寒岳後ろには阿寒富士を一望 景色と山のスタイルが異なる百名山三座をみなさま無事登りきり達成感と心地よい疲労感に包まれた3泊4日の旅になりました。P7170015.jpg
P7170017.jpg
P7170025.jpg
P7170031.jpg
P7170034.jpg
P7170039.jpg
P7170045.jpg
P7170048.jpg
P7170052.jpg
P7170058.jpg
P7170062.jpg
P7170069.jpg
P7170074.jpg
P7170077.jpg
P7170082.jpg
P7180086.jpg
P7180087.jpg
P7180091.jpg
P7180094.jpg
P7180095.jpg
P7180096.jpg
P7180104.jpg
P7180115.jpg
P7180118.jpg
P7180117.jpg
P7180127.jpg
P7180133.jpg
P7180141.jpg
P7190169_20180720114106d01.jpg
P7190170.jpg
P7190172.jpg
P7190175.jpg
P7190177.jpg
P7190181.jpg
P7190187.jpg
P7190189.jpg
P7190190.jpg
P7190194.jpg
P7190199.jpg
P7190202.jpg
P7190206.jpg
P7190210.jpg
P7190205.jpg
P7190213.jpg
P7190214.jpg
参加者の方限定のダウンロ―ドサービスはこちらからどうぞ
ガイド 小林孝二さん 添乗員 浮田健一
2018/07/18

出雲国 十年に一度の 出雲大社大しめ縄作り

全国の出雲大社分社の大しめ縄作りを一手に請けている飯南町を訪れます。今年、日本一の大しめ縄で名高い出雲大社神楽殿のしめ縄が掛替を迎えます。約十年に一度の行事であり、作業はしめ縄を作るための材料となる稲の田植えから始まりますのでなんと製作期間は1年半。集大成となる『撚り合わせ』という作業を行う日が最近公開されました。そこで山旅人は急遽ツアーを設定。今からでも行ける!というお客様にお集まり頂き、このおめでたい行事に参加しました。山陰に住んでいる人でもなかなか見られない行事ですので深い思い出になりました。宿泊は松平不昧公が愛した松江の奥座敷、雲南の海潮温泉へ。雰囲気のよい秘湯のお宿で心と体をゆっくりと癒します。翌日は出雲大社へお参りを。語り部さんと共に出雲大社の歴史を学びながらお社を巡りました。

こちらは飯南町観光協会伊藤さんと一緒にチーズ。
P7153217_R.jpg

現地に着いたらすぐに案内をして頂き、一番いい場所で撚り合わせ作業を見ることが出来ました。
P7153199_R.jpg

約30人の男衆がクレーンを併用しながら撚り合わせていきます。
P7153203_R.jpg

とても暑い中でしたが、規模の大きさに夢中です。
P7153205_R.jpg

9割完成した撚り合わせ。
P7153221_R.jpg

場所を変えて掛合酒造資料館です。
P7153228_R.jpg

この酒蔵・・・
P7153238_R.jpg

実は・・・
P7153239_R.jpg

DAIGOさんのおじいさんのご実家・・・そう、竹下登元総理大臣のご実家です。
美味しい奥出雲の地酒をたくさん試飲させて頂きました。
P7153241_R.jpg

さて、海潮温泉の秘湯を満喫した翌日、出雲大社へ。
P7163249_R.jpg

出雲語り部ガイドの日野ヒロコさんの案内で歩きます。
P7163251_R.jpg

ご境内のパワースポット巡りです。
P7163253_R.jpg

樹齢400年のクロマツ。1000本あった内の4本が現在に残っています。
P7163257_R.jpg

P7163262_R.jpg

命主社の樹齢1000年のムクノキ。
P7163264_R.jpg


出雲大社の御祭神大国主命を傍らでずっと支えてきた神様が祀られています。
すごいの一言。
P7163266_R.jpg

こちらはスクナビコナという神様。かわいい
P7163275_R.jpg

やはり、御本殿はパワーを感じます。
P7163280_R.jpg

最後に明日掛け替えられる日本一の大しめ縄の下でチーズ!
P7163283_R.jpg

出雲大社の歴史と伝統を満喫する2日間でした。

添乗:津森豊 出雲語り部ガイド:日野ヒロコさん 飯南町観光協会:伊藤和栄さん

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/07/17

比良山荘の鮎食べ会席

四季旅人でこの季節恒例、比良山荘の鮎を頂きにまいりました
前週の稀に見る豪雨の影響はほとんど無かったとのことで、お店の前には
比良山からの清水が滔々と音を立てていました
IMG_3279.jpg

IMG_3280.jpg

IMG_3269.jpg

IMG_3286.jpg
醍醐天皇ゆかりの閑静な勧修寺では氷室の池の蓮が見頃でした
IMG_3315.jpg
次回の比良山荘は冬にお邪魔しましょうか

添乗員:徳永恵
2018/07/13

大変ご迷惑お掛けします。7月14日(土)は社員研修の為、臨時休業となります。

7月14日(土)は社員研修の為、臨時休業となります。
緊急の御用の方は大変お手数ですが、当社留守番電話のガイダンスをお聞き下さい。
電話番号0798-56-1026

P6262313.jpg

2018/07/13

高山植物の宝庫 花の北岳

日本第二の高峰、北岳は高山植物の宝庫。通常2泊3日で設定するツアーが多いですが、北岳にアタックする2日目が悪天候の場合、目の前に北岳を眺めながら山頂に行けず3日目に下山して帰るということもあります。そこで当社では3泊4日にして、3日目は白根御池小屋に宿泊しますので、中日2日間北岳にアタックできます。好天を狙って大展望の北岳を楽しみましょう。しかも北岳は言わずと知れた高山植物の宝庫。余裕ある時間の中で心ゆくまでお花も楽しめます。ガイドは地元信州出身の武村美一さん。とても楽しく安全なガイディングでお客様をご案内します。

出発前は大雨により一時広河原までの林道が通行止めにもなりましたが、
P7092678_R.jpg

無事にたどり着く事ができました。広河原山荘の夕食ワインで乾杯!明日から頑張るぞ~。
P7092698_R.jpg

登山口から素晴らしい景色です。
P7102707_R.jpg

ギンリョウソウが咲き頃
P7102740_R.jpg

森の中のタカネグンナイフウロ
P7102767_R.jpg

こちらは咲き始めたミヤマハナシノブ
P7102812_R.jpg

草すべり上部からはシナノキンバイの大群生が始まります
P7102866_R.jpg

花期がちょうどよく
P7102873_R.jpg

小太郎尾根の下部はすごいお花畑
P7102904_R.jpg

さすが花の北岳
P7102918_R.jpg

まるで北海道を思わせるような群生の花々。
P7102924_R.jpg

こちらはシコタンソウ。
P7103010_R.jpg

北岳頂上にて。
P7103020_R.jpg

今年最後のキタダケソウだと肩の小屋のご主人に聞きました。
P7103023_R.jpg

肩の小屋で、夕立のあと待ちに待った青空です。
P7103035_R.jpg

こちらは朝のご来光。
P7113043_R.jpg

富士山鑑賞とホットコーヒーです。皆さんの後ろに富士山写ってますね。
P7113055_R.jpg

これだけ晴天になったので、再び北岳頂上へ。昨日から高度順応が出来ているのでラクラクです。
P7113076_R.jpg

360度の大展望が広がります。ゆとりの行程で北岳へ2度登るってこういうことですね。
P7113083_R.jpg

すごい景色です。
P7113087_R.jpg

富士山を摘んだり
P7113092_R.jpg

富士山をだっこしたり
P7113097_R.jpg

手に乗せたり。やっぱり日本人は富士山が好きです。
P7113090_R.jpg

今回のベストショット!
P7113095_R.jpg

お世話になった肩の小屋。
P7113140_R.jpg

3,000mの山の景色とそこに咲く高山植物の様子です。
P7113106_R.jpg

タカネマンテマ
P7113109_R.jpg

ミヤマオダマキ
P7113114_R.jpg

ハクサンイチゲと仙丈ヶ岳
P7113119_R.jpg

ミヤマダイコンソウと北岳頂上
P7113120_R.jpg

肩の小屋のテン場から北岳を見上げる
P7113132_R.jpg

小太郎尾根稜線の花々
P7113143_R.jpg

こちらも
P7113144_R.jpg

想い出に深く残る、花の北岳でした。
P7113145_R.jpg
累計標高差が1,700mを超えるため達成感も十分で花も素晴らしく変化に富んでいました。
武村ガイドの山の楽しみ方が満載されているコースです。来年のご参加お待ちしております。

ガイド:武村美一さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/07/06

百花繚乱 花の東北 森吉山と栗駒山

初夏、東北の山々の稜線は花満開。軽いハイキングで気軽に楽しめる森吉山と栗駒山は特にお勧めです。あえて厳しい行程を避け、とにかくゆっくり花を楽しむ企画に仕上げました。ガイドは秋田白神山地の斉藤栄作美さん。長年世界遺産センターの職員として活動され、備わった自然解説はわかりやすくて面白く、多くのテレビ&ラジオ番組で引っ張りだこの人気ガイドです。さらに今回は斉藤さんのガイド仲間の佐藤浩二さんも。そして秋田の名物バスドライバー佐々木伊作さん。山だけではなく移動日のサプライズ観光にもサービス精神旺盛に皆様をご案内。夏の東北をたっぷり楽しむ4日間となりました。

今回は必ず雨降るだろうなー・・・と思っていましたが、ほとんど降られることなく。
まずは阿仁ゴンドラから森吉山です。
P7032205_R.jpg

頂上まで見えて
P7032290_R.jpg

時折展望も良く日が差し
P7032273_R.jpg

花は満開。アオヤギソウ
P7032221_R.jpg

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)
P7032248_R.jpg

ハクサンイチゲ
P7032292_R.jpg

シラネアオイ
P7032298_R.jpg

ヒメコザクラ
P7032303_R.jpg

イワイチョウ
P7032315_R.jpg

コバイケイソウ
P7032317_R.jpg

佐々木伊作さん。いつも東北の楽しい案内をありがとうございます。
P7032339_R.jpg

とにかく
P7032347_R.jpg

いっぱい
P7032344_R.jpg

いっぱい
P7032355_R.jpg

咲き誇って
P7032360_R.jpg

まさに百花繚乱。
P7032365_R.jpg

斉藤ガイドもいつも案内している定番コースなのに顔がほころんでおられました。
P7032395_R.jpg

森吉山頂上にて。雨だと諦めていたのに見れた奇跡の展望をバックにチーズ!
P7032380_R.jpg

今回のツアーは花の山だけではなく、毎晩変わる源泉かけ流しのお宿も楽しみのひとつ。
1泊目:マタギの湯、2泊目:奥小安峡温泉 阿部旅館、3泊目:栗駒山荘でお世話になりました。
P7032413_R.jpg

山行2日目。栗駒山へは温泉の湧き出る登山口からスタートです。
いつでもドボンと飛び込みたくなる、温泉の湧き出す川を登っていきます。
P7042430_R.jpg

今年初めてのカタツムリ
P7042441_R.jpg

ウラジロヨウラクのトンネルロードが続きます
P7042472_R.jpg

太古の植物 ワタスゲ
P7042450_R.jpg

トキソウ。関西ではなかなか見れません!
P7042461_R.jpg

食中植物のモウセンゴケ。これが虫を食べて生きてるなんて!
P7042469_R.jpg

どんどん登って
P7042478_R.jpg

昭和湖にてはいチーズ。これも温泉の湖。
P7042487_R.jpg

ヒメコザクラ。ここのも美しい!
P7042505_R.jpg

イワカガミ
P7042515_R.jpg

上部の灌木帯はサラサドウダンのトンネルロード!
P7042533_R.jpg

オノエラン。これも関西では珍しい!
P7042544_R.jpg

栗駒山頂上。
またまた雨だと諦めていたのに見れた奇跡の展望をバックにチーズ!
P7042579_R.jpg

まさに奇跡。雪をたっぷりかぶった鳥海山もしっかり見れて。
P7042582_R.jpg

最高の展望も楽しみながらの山行となりました。
P7042584_R.jpg

斉藤栄作美ガイドの一番弟子、佐藤浩二さんも素晴らしいガイディングをしてくださり、楽しい山行となりました。秋田弁が素敵な佐藤ガイド。また山旅人ではお世話になりたいです。
P7042589_R.jpg

初日観光は角館城下町巡りや稲庭うどんの名店で舌鼓を。最終日はさくらんぼ狩りや小野小町のふるさとを訪ねました。充実した秋田の4日間。天気も良い方向に外れてくれて、参加者の皆様も満足して頂けたようです。
次は秋の日本100名山三座 岩木山八甲田山八幡平も源泉かけ流しのお宿を巡る素晴らしいコースです。沢山のご参加お待ちしております。

ガイド:斉藤栄作美さん、佐藤浩二さん、 添乗&ガイド秋田担当:佐々木伊作さん 出発地からの添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/07/03

テント泊でゆったりの行程花のトムラウシ

6月29日トムラウシへ行って、まいりました
ここ数日の北海道の天気はあまり優れ無いものの。
参加者の皆様の強運のおかげで登山日当日は雨に振られず無事登頂。ゆったりテントに泊まり奥深い、アイヌ語でお花畑を意味するまさに神の庭のトムラウシ山を満喫した4日間のゆったり旅でした。
P6300182.jpg
P6300185.jpg
P6300190.jpg
P6300199.jpg
P6300204.jpg
P6300214.jpg
P6300219.jpg
P6300233.jpg
P6300237.jpg
P6300246.jpg
P6300254.jpg
P6300264.jpg
P6300270.jpg
P6300274.jpg
P7010281.jpg
P7010298.jpg
P7020312.jpg
参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック←
ガイド 星野千春さん 添乗員 浮田健一