FC2ブログ
2018/07/28

ブルーポピーとお花畑 大姑娘山(タークーニャンサン) 5,025m登頂と 四姑娘&美人谷・丹巴

四姑娘連山のひとつ、大姑娘山は技術の要らない5000m峰のピークとしてより、高山植物が踏まないと歩けないぐらい咲いていることで人気で、多くの登山者が頂に立っています。その頂からは四川省やチベットの山々が360度見渡せます。
今回は、日程を長くして登山前の高度順応として四姑娘ハイキングや秘境地・美人谷へも足を延ばします。ずーっとエーデルワイスやサクラソウ、カラフルなクサジンチョウゲやチベットアツモリソウ、チョウチンユリ、赤や黄色のケシの花などなどが辺り一面に咲いているのには、皆さん感動を超えて驚きです!

DSC00633.jpg

DSC00634.jpg

DSC00636.jpg

DSC00658.jpg

DSC00676.jpg

DSC00685.jpg

DSC00686.jpg

DSC00698.jpg

DSC00716.jpg

DSC00732.jpg

DSC00766.jpg

DSC00772.jpg

DSC00786.jpg

DSC00817.jpg

DSC00826.jpg

DSC00880.jpg

DSC00921.jpg

DSC00925.jpg

DSC00993.jpg

DSC01036.jpg

DSC01064.jpg

DSC01075.jpg

DSC01167.jpg

DSC01179.jpg

DSC01192.jpg

DSC01438.jpg

参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック
ガイド兼添乗員 高千穂有康さん
2018/07/28

近江八幡水郷めぐりと佐川美術館「田中一村展」

四季旅人で近江八幡水郷めぐりへ
午前中からぐんぐん気温が上がりますが
水上は思った以上に涼しく
DSCF7346.jpg
櫂を操るギシギシという音
葦の中から響く鳥の鳴き声が清涼感を増します
DSCF7369.jpg

DSCF7353.jpg

DSCF7386.jpg
びわ湖と比良山を眺めながらの食事
DSC_2050.jpg
開館20周年を記念した佐川美術館の特別展は
展示数も多く見応えたっぷり
DSCF7413.jpg
丸一日をびわ湖畔でお過ごしいただきました

添乗員:徳永恵
2018/07/27

八ヶ岳いで湯紀行

いや~ほんとに癒やされました~。
暑すぎるこの時期に八ヶ岳いで湯は最高でした。
どこに行っても暑いし、クーラーですが
八ヶ岳山麓でゆとりのある歩きとなんといっても
2泊とも最高の温泉、心も身体もスッキリです。
今から故郷へ帰ります。
今人気の苔いっぱい。
P7263717.jpg
初日は休憩かねて人気の御射鹿池へ。
涼しく感じました。すてきな池。
P7253649.jpg
そして初日は渋・辰野館さんで宿泊。
落ち着いた趣のあるお宿で温泉はもう最高でした。
そしてお料理も。見て美味しそう、食べて美味しい
P7253657.jpg
こんなお鍋も。
P7253658.jpg
朝ごはんも一品一品手の込んだお味
P7263670.jpg
野菜もたくさんでした。
P7263671.jpg
そしていよいよ出発です。
早速登山道にはヒカリゴケがあちこちに。
P7263694.jpg
ずっと森の中を歩くのでずっと涼しい
P7263702.jpg
いろんな苔や地衣類を見ながら癒やされ
P7263714.jpg
豊田ガイドの深呼吸と歩くペースでいつの間にか登りも
らくらくで登っていきます。全然汗もでないほどです\(^o^)/
P7263710.jpg
心地いい冷たい風の森に苔
P7263726.jpg
見上げるとこんな感じ
P7263730.jpg
足元にはいろんな苔が。
P7263748.jpg
みどりが癒やされます。
P7263751.jpg
私達の貸切の道です。
P7263753.jpg
癒やしガイドの??豊田ガイドは苔のお勉強でしょうか~。
ありがとうございました。
P7263763.jpg
花のような苔
P7263754.jpg
苔の道で振り返り
P7263759.jpg
両側どこを見ても苔の森です。
P7263766.jpg
苔の間からマイズルソウのかわいい実もありました。
P7263767.jpg
そしてお待ちかねの唐沢鉱泉へ
源泉の場所を訪ねて・・・まるで九寨溝??
P7263784.jpg
ヒカリゴケもたくさんありました。
P7263777.jpg
温泉にはいってみんなでお茶タイム♪
楽しかったですね、でも途中から寒くなりました。
P7263788.jpg
翌日は展望のルートを歩き、富士山もちらり
ここでハッピーバースデイのKさん!おめでとうございま~す。
P7273804.jpg
しめくくりは豊田ガイドのおすすめパスタ
P7273813.jpg
お天気に恵まれ今回は暑さも忘れ温泉と涼しい歩きもできて
ほんとよかったです。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳ガイド:豊田嘉英さん
添乗員:岡本哲也
2018/07/27

0723発 花の白山4日間

7月23日出発の白山に行ってまいりました。
白山は終日快晴、さすが花の百名山にも選ばれている山だけあって、山自体がお花畑のような気持ちになる美しい山でした。
このツアーの魅力はいかに白山でゆっくり、満喫できるかです。貸し切りのケビンに贅沢に2泊して白山と白山の花々を楽しむ4日間をまだの方はぜひ来年ご計画されてみてはいかがでしょうか?
P7240230.jpg
P7240232.jpg
P7240236.jpg
P7240243.jpg
P7240246.jpg
P7240250.jpg
P7240259.jpg
P7240262.jpg
P7240266.jpg
P7240276.jpg
P7240282.jpg
P7240294.jpg
P7240299.jpg
P7240301.jpg
P7240310.jpg
P7250319.jpg
P7250334.jpg
P7250356.jpg
P7250363.jpg
P7250401.jpg
P7250407.jpg
P7250413.jpg
P7260441.jpg
参加者の方限定のダウンロードサービスはこちらをクリック←
ガイド 武村美一さん サポートスタッフ 菊池善之さん 添乗員 浮田健一
2018/07/27

高山植物と沢渡り 日高 幌尻岳

日本100名山で北海道の日高山脈最高峰の幌尻岳を目指します。沢を何度も渡り返し、氷河地形の山頂稜線はこの時期、高山植物が真っ盛り。達成感と充実感のある登山がお楽しみ頂けます。山旅人では、この山の為だけに沢足袋を購入するのはちょっと…という方に沢足袋のレンタルも行っております。天気に恵まれ真夏の爽快な沢渡と雲上のお花畑の素晴らしいコースを満喫しました。

登山の拠点となる平取町
P7243500_R.jpg

お世話になったくまさん荘さんです。
P7243510_R.jpg

地元ならではの温かいおもてなしのお宿。明日は晴れるかなー。
P7243516_R.jpg

沢のコースの始まりです。
P7253549_R.jpg


準備を整えて
P7253602_R.jpg

いざ、ザブーン。
P7253606_R.jpg

安全確保は万端。
P7253612_R.jpg

P7253638_R.jpg

真夏の北海道の涼しい沢を楽しみます。
P7253616_R.jpg

P7253611_R.jpg

P7253651_R.jpg

美渓にてはいチーズ!
P7253637_R.jpg

幌尻山荘では
P7253657_R.jpg

冷やしたビールと
P7253659_R.jpg

美味しいジンギスカン鍋で
P7253668_R.jpg

乾杯!
P7253669_R.jpg

さあ、翌日の頂上アタックの日もバッチリ晴れ。
P7263701_R.jpg

森に咲くハイオトギリと
P7263708_R.jpg

リンネソウ
P7263719_R.jpg

稜線に上がれば
P7263713_R.jpg

素晴らしい景色と
P7263725_R.jpg

カールの斜面一面に咲く満開の花々!
P7263731_R.jpg

P7263735_R.jpg

P7263752_R.jpg

P7263772_R.jpg

P7263762_R.jpg

P7263743_R.jpg

P7263744_R.jpg

P7263740_R.jpg

P7263772_R_20180727064431410.jpg

P7263803_R.jpg

本当にすごいお花畑
P7263787_R.jpg

頂上からも展望抜群
P7263818_R.jpg

P7263823_R.jpg

幌尻岳頂上にてチーズ。
P7263829_R.jpg

じっくりたっぷり 沢と花と景色を楽しんだ4日間。
P7263837_R.jpg

最後はお世話になった地元の方々と一緒に。
小林さんの左隣がくまさん荘女将のあつこさん、後ろがご主人のトミーさん(日本人)、オレンジハットが振内交通の樋屋社長。
温かいおもてなしに感激の幌尻岳でした。
P7273861_R.jpg

山旅人の幌尻岳は少人数募集で充実のサポート。来年の皆様のご参加お待ちしております。

ガイド:小林孝二さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/07/26

祇園さゝ木のお昼と河井寛次郎記念館

四季旅人で河井寛次郎記念館へ
島根県安来市のお生まれですが京都で逝去
ご自身で設計のご自宅です
DSCF7340.jpg

DSCF7314.jpg
お昼は祇園さゝ木さんへお邪魔しました
DSCF7308.jpg

DSCF7303.jpg
本日も38℃超えの中、カウンター一杯のご参加でした
ありがとうございました

添乗員:徳永恵
2018/07/26

杉ヶ瀬の天然鮎づくし

東吉野へ足を伸ばして天然鮎づくしのお昼をいただきました
眼の前を流れる高見川で捕れたての鮎が
いろいろな形で出てきます
DSCF7259.jpg
そこでしかいただけないお造り
朴葉で包んだ蒸し焼きに土瓶蒸し…
大小合わせて十数匹がお腹の中へ
DSCF7256.jpg

DSCF7262.jpg

DSCF7264.jpg
みたらい渓谷は水遊びの家族連れで賑わっていました
DSCF7283.jpg
次回は水着持参で参りましょう

添乗員:徳永恵
2018/07/25

6月25日 コーカサス山脈の絶景とフラワーハイク ヨーロッパ最後の秘境 ジョージア



6月25日 ワールドカップで盛り上がるロシアを経由して
コーカサス山脈の絶景とフラワーハイク ヨーロッパ最後の秘境 ジョージアに行って来ました!

あまり馴染みのない国ジョージア さて どんな旅になったでしょうか??



0157_original.jpg


0240_original.jpg


0282_original.jpg



馬場ガイドのブログはこちら!

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!
2018/07/24

出羽富士 鳥海山縦走と月山

天気最高!花も最高!眺望も最高!と暑さも忘れるほどの素晴らしい
鳥海山、月山を制覇してきました~!!
1日で歩くには長すぎる鳥海山を御浜小屋さんで宿泊して展望抜群のルートを縦走
月山では展望はいまいちでしたが風もあり涼しいというか寒いほどの快適な登山となりました。
ここは鳥海山でも私の大好きな登山道です。稜線の花畑の間に続く道です。
P7203408.jpg
下界では暑すぎる気温でしたが登山口は心地よい風からのスタートでした。
P7193315.jpg
でもでも汗ばみ涼しい場所を求めて~まもなく下界では考えらない雪渓通過です。
P7193327.jpg
ニッコウキスゲ
P7193334.jpg
チョウカイアザミ登場~。頭というか花の部分が重そうなので下向きです。
P7193337.jpg
初日は御浜小屋さんでお世話になりました。
玄関前の絶景テラス?でキンキンに冷えたおビールを頂戴しました。
ガイドの長谷部さんもうれしそうですね(^o^)明日もよろしくお願いしま~す。
P7193341.jpg
小屋の下には鳥海湖。なんと素晴らしい景色。
P7193342.jpg
寝る前にコーヒーは・・・というお声に最近ノンカフェインコーヒーもありますよ♪
P7193355.jpg
小屋泊はこういうのがいいですね。夕焼け、星空、ご来光も楽しみました。
P7193357.jpg
玄関正面の景色です。夕焼けさま
P7193368.jpg
玄関右向きの景色です。ご来光さま
P7203381.jpg
ここからが本番花畑の道を歩きます。
P7203391.jpg
シャジンの大群生が続き
P7203396.jpg
間にはオレンジ色が目立つクルマユリも顔出し
P7203399.jpg
真っ青な青空にシャジン
P7203413.jpg
ニッコウキスゲとコバイケイソウが会話中\(^o^)/
P7203417.jpg
ハクサンイチゲもあちこちいっぱいありました。
P7203421.jpg
また撮ってしまった鈴なりのシャジン
P7203431.jpg
イワイチョウ
P7203434.jpg
今年はコバイケイソウが多い年かな~
P7203435.jpg
モミジカラマツ
P7203437.jpg
細かい花ってきれいですね。
P7203439.jpg
花と景色を楽しみながらいよいよ第二の雪渓を横切ります。
ここまではアイゼンもまったくなしで大丈夫です。
P7203449.jpg
とにかく素晴らし景色です。
P7203456.jpg
これが・・・ふすま!
P7203467.jpg
チョウカイフスマですね。
P7203470.jpg
最終目的の新山へ。
P7203490.jpg
鳥海山は変化にとんだ山です。
P7203492.jpg
山頂から雲海に浮かぶあの山は・・・明日行く月山ですね。
P7203494.jpg
まだまだ花はあります。イワギキョウ
P7203506.jpg
日差しは暑いですがやっぱり過ごしやすいですね。
P7203507.jpg
ふすまの群生地帯
P7203514.jpg
可愛らしいウサギギクの三姉妹♪
P7203515.jpg
外輪山を歩き下っていくと毎年残る雪渓
P7203529.jpg
安全にアイゼンを装着してかっこよく歩きます\(^o^)/
P7203530.jpg
キンコウカの大群生
P7213543.jpg
ニッコウキスゲの群生
P7213554.jpg
まだ残ってましたシラネアオイちゃん
P7213555.jpg
ハクサンフウロ
P7213559.jpg
ミヤマウスユキソウ
P7213572.jpg
ヒナサクラソウ
P7213587.jpg
ハクサンチドリ
P7213592.jpg
アカモノ
P7213597.jpg
最終日に行ったここはすごくよかった癒やしの元滝。
伏流水のマイナスイオンがめっちゃ涼しかったです。
P7223635.jpg
そしてもうひとつの癒やしの場所も最高でした。
P7223623.jpg
暑さにも負けずみなさん無事登頂されてほんとよかったです。
本当にありがとうございました。

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

山岳ガイド:長谷部亮さん
同行:佐々木伊作さん   
添乗員:岡本哲也

2018/07/23

高山植物の宝庫 大雪山縦走と十勝岳

雄大な大雪山と迫力ある山容の十勝岳。人気抜群の二座を登ります。花のベストシーズンなので、大雪山は黒岳から旭岳を縦走する予定でしたが、強風の予報のため安全を考慮し、旭岳ロープウェイの往復登山へと変更。それでも頂上付近はすごい風で苦労しましたがなんとか登頂。姿見の池付近の花々はすごかった!翌日の十勝岳も強風で登れないかもと出発しましたが、運良く頂上に上るときだけ行動限界ギリギリの風速で無事に登頂することができました。下山時のご褒美でしょうか・・・視界が一斉に晴れ北海道らしい雄大な景色を目の当たりにしたときは感動いっぱいでした。

ロープウェイを登ってさあ登山開始!!
P7210770_R.jpg
チングルマの大群生!!
P7213293_R.jpg

P7213305_R.jpg

P7213309_R.jpg

P7213297_R.jpg

P7213305_R.jpg
噴煙が吹いていました年中吹いているとか
P7210782_R.jpg

P7213300_R.jpg
あいにくのお天気ですが
P7210784_R.jpg
花々は歓迎してくれます
P7213319_R.jpg

P7213301_R.jpg
山頂までもう少し!
P7210785_R.jpg
旭岳山頂!!!!!!!
P7210787_R.jpg

P7213337_R.jpg
続いて十勝岳へ
P7223374_R.jpg
綺麗な花々!
P7213348_R.jpg
イワブクロも咲いていました!!
P7223383_R.jpg

P7223384_R.jpg
今日も雨と風が強い!
P7223391_R.jpg

P7223380_R.jpg
防寒準備をしていざ山頂へ
P7223398_R.jpg

P7220824_R.jpg
山頂に到着!!
P7223410_R.jpg
みんなで記念撮影!風が強ーい
P7223414_R.jpg
下山するころに晴れてきて
P7223424_R.jpg

P7223431_R.jpg
十勝岳が顔を見せくれました
P7220838_R.jpg
やっと青空が!!
P7220846_R.jpg

P7223442_R.jpg

参加者限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ

ガイド小林孝二さん 添乗員津森豊 横田和則