2017/02/18

高取町の薬膳弁当と“青の交響曲(シンフォニー)”乗車

四季旅人で昨秋運行開始された“青の交響曲”に乗車してきました。
まずは西暦612年、推古天皇が山野にて薬狩りを行ったと伝えられる高取町へ。
この地は薬となる動植物類が豊富であったのと、中国からの処方により家伝薬がつくられ、
修験者によってこの大和の薬が全国に広められたそうです。
その効能を体験するべく、薬膳のお昼をいただきました。
若女将の説明を聞きながら頂いていると、すぐさま効き目が現れてくるような気がします

DSCF0584.jpg

DSCF0585.jpg

高麗人参の揚げ物、ホクホクした食感です
DSCF0591.jpg

食後はガイドと街歩き。高取城門から一本道の両側には昔ながらの
大きな屋敷や寺が今も立ち並びます
DSCF0608.jpg

DSCF0624.jpg

DSCF0649.jpg

いよいよ吉野駅から“青の交響曲”乗車です。ボディーカラーは落ち着いたブルー。
車内もモスグリーンとマホガニーで欧州風
DSCF0658.jpg

DSCF0663.jpg

DSCF0660.jpg

DSCF0665.jpg

DSCF0674.jpg

DSCF0673.jpg

あべのハルカスが見えて来ると間もなく終点、あっという間の1時間20分の旅でした
DSCF0696.jpg

ちなみに昼食場所の若女将は山歩きが大好きで、最近では積雪の赤岳にいらしたそうです。
四季のお客様は実は「以前は山に行ってたよ」という方が意外に多く、
今回も参加の方たちと思わぬ山談議で一層盛り上がりました(^^)v