2018/05/16

おのころ島伝説の地を巡る旅

四季旅人でおのころ島伝説を訪ねて淡路島・沼島へ
日本神話の国生み伝説では最初の島は「おのころ島」と呼ばれ、
これが淡路島なのか沼島なのかは、諸説あるところです
おのころ島神社(淡路島)の大鳥居は高速道路からも望める大きいもの
IMG_2168.jpg
国生み神話のユニークなエピソードをガイドさんから教わります
IMG_2172.jpg
屋根上の千木(ちぎ)、鰹木(かつおぎ)の数・形はここ独特のもの
IMG_2174.jpg
続いて沼島へ、船で10分、のんびりした景色です
IMG_2180.jpg IMG_2181.jpg
まずは腹ごしらえ、海の幸満載の中でもタチウオの唐揚げは絶品でした
IMG_2184.jpg
食後の散策は先に上立神岩へ、「天の御柱」と伝わります
IMG_2191.jpg
真ん中あたりのハート型が最近人気らしいです
IMG_2199.jpg
「おのころ」はこんな字を書きます、山全体が御神体
IMG_2207.jpg
ほとんど階段の参道、最後の一直線を上り詰めて
IMG_2208.jpg
振り替えると木立の奥に港の景色
IMG_2209.jpg
お社は小ぢんまり
IMG_2212.jpg
淡路島へ戻って岩屋港近くの絵島、平清盛も愛でたという月の名所もおのころ島の舞台です
IMG_2229.jpg
2000万年前に形成された岩肌、きれいです
IMG_2221.jpg
ガイドさんの説明によると、おのころ島と呼ばれるところは上空から見ると勾玉(まがたま)の形をしているそうです
一度地図でお確かめください
この日は今年初の真夏日を記録、暑い中の散策お疲れ様でした

添乗員:徳永恵