FC2ブログ
2018/05/27

合言葉は「満開のお花」 北海道 花の山歩きミステリー

どこをご案内するかは当日発表 初夏の北海道花山歩きミステリーツアーです!
爽やかな初夏の北海道。たっぷりと雪を抱く高峰、その麓では雪解けとともに陽の光を待ち望んでいた草木が一斉に花を咲かせる活き活きとした季節。道内には花好きの方々に行ってほしい花の山はたくさんあるけれど、相手は自然です。予め行先を決めても、年によって開花時期が大幅にずれてしまう事も。そこでこの旅では北海道在住のガイドがツアー直前に下見をし「今ここが一番」というスポットへ案内します。美しい雪稜と新緑の木々、咲き誇る花々を楽しむ事が目的の企画です。

P5241070_R.jpg

山だけではなく、遊歩道の整備された森林公園でも自然の花が沢山咲いているのが北海道
P5241006_R.jpg

P5241063_R.jpg

この辺りはわずか50mほどの標高ですが、本州の高山に咲く植物達です
P5241059_R.jpg

P5241047_R.jpg

P5241050_R.jpg

P5241027_R.jpg

さて、1座目は襟裳岬のアポイ岳・・・しかし、歩き出しからあいにくの雨・・・
P5251109_R.jpg

咲いている花々は雨露に濡れてことのほかきれいだったのですが
P5251125_R.jpg

P5251106_R.jpg

P5251153_R.jpg

目指していた馬の背付近のお花畑をあきらめ安全を考えて途中下山。
P5251167_R.jpg

それでも貴重な花々を見ることができました
P5251149_R.jpg
アポイアズマギク

2座目は頂上の絶景が有名な伊達紋別岳
前日の雨で空気が洗われ楽しい山行が期待できそうです。
P5261229_R.jpg

この花、何だと思われますか
P5261236_R.jpg

シラネアオイです。
P5261243_R.jpg

伊達紋別岳はシラネアオイの群生地としても有名。
P5261297_R.jpg

今日は土曜日とあって地元の登山者も沢山訪れていました。
P5261274_R.jpg

すずらん
P5261265_R.jpg

すみれの群生
P5261299_R.jpg

ずっとずっとシラネアオイのフラワーロード
P5261326_R.jpg

稜線に出ると室蘭岳の景色。
P5261341_R.jpg

ここからは笹原の稜線を歩きます。
P5261336_R.jpg

もちろん笹原の稜線もシラネアオイのフラワーロードが続きます
P5261356_R.jpg

P5261425_R.jpg

P5261392_R.jpg

P5261352_R.jpg

P5261348_R.jpg

P5261355_R.jpg

P5261358_R.jpg

P5261365_R.jpg

稜線の向こうに羊蹄山と洞爺湖が見えてきました
P5261383_R.jpg

頂上で至福のひととき
P5261410_R.jpg

P5261414_R.jpg

最高の景色をバックにハイチーズ
P5261419_R.jpg

すべての景色が北海道らしい、充実の山歩きでした。
P5261428_R.jpg

今回、多くの道行く地元の登山者に、『いいとき来たね、今日が一番いいよ!』と幾度も声をかけられました。
北海道 花の山歩きミステリーはそれを趣旨にしたツアーです。一番いい場所を選んでご案内するという企画者の想いが詰まっています。来年もその時一番の場所をご案内します。沢山のご参加をお待ちしております。

北海道ガイド:山下ススムさん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!