2018/07/13

高山植物の宝庫 花の北岳

日本第二の高峰、北岳は高山植物の宝庫。通常2泊3日で設定するツアーが多いですが、北岳にアタックする2日目が悪天候の場合、目の前に北岳を眺めながら山頂に行けず3日目に下山して帰るということもあります。そこで当社では3泊4日にして、3日目は白根御池小屋に宿泊しますので、中日2日間北岳にアタックできます。好天を狙って大展望の北岳を楽しみましょう。しかも北岳は言わずと知れた高山植物の宝庫。余裕ある時間の中で心ゆくまでお花も楽しめます。ガイドは地元信州出身の武村美一さん。とても楽しく安全なガイディングでお客様をご案内します。

出発前は大雨により一時広河原までの林道が通行止めにもなりましたが、
P7092678_R.jpg

無事にたどり着く事ができました。広河原山荘の夕食ワインで乾杯!明日から頑張るぞ~。
P7092698_R.jpg

登山口から素晴らしい景色です。
P7102707_R.jpg

ギンリョウソウが咲き頃
P7102740_R.jpg

森の中のタカネグンナイフウロ
P7102767_R.jpg

こちらは咲き始めたミヤマハナシノブ
P7102812_R.jpg

草すべり上部からはシナノキンバイの大群生が始まります
P7102866_R.jpg

花期がちょうどよく
P7102873_R.jpg

小太郎尾根の下部はすごいお花畑
P7102904_R.jpg

さすが花の北岳
P7102918_R.jpg

まるで北海道を思わせるような群生の花々。
P7102924_R.jpg

こちらはシコタンソウ。
P7103010_R.jpg

北岳頂上にて。
P7103020_R.jpg

今年最後のキタダケソウだと肩の小屋のご主人に聞きました。
P7103023_R.jpg

肩の小屋で、夕立のあと待ちに待った青空です。
P7103035_R.jpg

こちらは朝のご来光。
P7113043_R.jpg

富士山鑑賞とホットコーヒーです。皆さんの後ろに富士山写ってますね。
P7113055_R.jpg

これだけ晴天になったので、再び北岳頂上へ。昨日から高度順応が出来ているのでラクラクです。
P7113076_R.jpg

360度の大展望が広がります。ゆとりの行程で北岳へ2度登るってこういうことですね。
P7113083_R.jpg

すごい景色です。
P7113087_R.jpg

富士山を摘んだり
P7113092_R.jpg

富士山をだっこしたり
P7113097_R.jpg

手に乗せたり。やっぱり日本人は富士山が好きです。
P7113090_R.jpg

今回のベストショット!
P7113095_R.jpg

お世話になった肩の小屋。
P7113140_R.jpg

3,000mの山の景色とそこに咲く高山植物の様子です。
P7113106_R.jpg

タカネマンテマ
P7113109_R.jpg

ミヤマオダマキ
P7113114_R.jpg

ハクサンイチゲと仙丈ヶ岳
P7113119_R.jpg

ミヤマダイコンソウと北岳頂上
P7113120_R.jpg

肩の小屋のテン場から北岳を見上げる
P7113132_R.jpg

小太郎尾根稜線の花々
P7113143_R.jpg

こちらも
P7113144_R.jpg

想い出に深く残る、花の北岳でした。
P7113145_R.jpg
累計標高差が1,700mを超えるため達成感も十分で花も素晴らしく変化に富んでいました。
武村ガイドの山の楽しみ方が満載されているコースです。来年のご参加お待ちしております。

ガイド:武村美一さん 添乗:津森豊

参加者の皆様限定の写真ダウンロードサービスはこちらからどうぞ!